オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
歯ブラシと犬

口臭予防をする時には、多くの人が歯磨きをしていきます。
歯磨きをして、歯の中を綺麗にする事によって口臭の原因となっている菌や食べカスや歯垢などを除去する事ができます。
しかし、ただ歯磨きをするのではなくて、歯磨き粉を使用してする事が大事になってきます。
歯磨き粉には虫歯予防や歯周病予防などの効果がありますし、中には歯を白くしてくれる効果も含まれている商品もあります。
ですので、歯磨きをする時には、歯ブラシと歯磨き粉を準備する必要があります。
歯磨き粉を使用する時には、歯ブラシに少量つけてから歯を磨いていきます。
このように、歯ブラシと歯磨き両方を使用する事によって、質が高い歯磨きをする事ができます。
また、できるだけ質が高い歯磨き粉を使用するようにします。
歯磨き粉にもさまざまな商品があり、成分や効果も若干違ってきます。
なるべく評判が高いものを使用する事が大事です。
その方が、口臭予防においても効果的になってきます。

口からだけじゃない

口臭が気になる方は、まず歯の磨き方から改善した方がいいでしょう。
磨き残しがあると臭いの原因になりますし、虫歯にもなりやすくなってしまいます。
良くいわれるのが、歯とはぐきの間にある歯周ポケットに磨き残しがたまっているのでそれを?き出さないといけません。
歯ブラシの毛が歯周ポケットに入り込むイメージをしながら磨くように心がけてください。
だいだい斜め45度が理想です。
そして、磨く時は優しい力で磨いてあげてください。
あまりに強く磨きすぎると歯や歯茎を傷つけかねません。
傷つくと菌が侵入し、口臭につながる原因にもなります。
また、歯だけではなく舌にも口臭の原因があります。
舌用のブラシやヘラがお店に売っていますので、それを使って舌の汚れも落とすよう心がけてください。
歯磨き粉もたくさんと種類がありますが、自分の好みやお口に合わせて使っていいと思います。
歯周病予防向け、ホワイトニング向けなどがあります。
もちろん、口臭予防の歯磨き粉もありますのでお店で確認してください。
ミント系も口臭を防ぐ効果もあるのでオススメです。
歯ブラシは毛先が開いてきたら交換時期です。
しかし、そうではなくても一ヶ月目安で交換をした方がいいでしょう。
また歯ブラシも毛が硬め、普通、やわらかめと種類がありますが、硬すぎてもやわすぎてもいけません。
歯科医院などで渡される歯ブラシはふつうが多いので、迷ったらふつうがいいでしょう。
これらを実施してもダメなら、体調の改善をした方がいいかもしれません。
便秘やストレスが原因で体内から有毒ガスが出てくることがあります。
ストレスと便秘は直結しやすいので、日頃からストレスをためない様、運動や趣味、好きな事に取り組みようにしてください。

カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930